評判のいい不動産会社を探すには|こまめに情報チェックしよう

積み木

不動産トラブルの対処法

男性

借主とのトラブルの対処法

「借地」の借主が地代を滞納している、地代の値上げに応じない、などといった借主との間に不動産トラブルが生じた場合は、必ず「弁護士」へ相談を行いましょう。なかでも、地代の滞納や借地の「また貸し」、住居で貸した借地を事務所として使用している場合でしたら、立退料は「一切不要」で立ち退いてもらうことが可能です。そして借主を迅速に立退かせたい、または全く借主が話し合いや相談に応じない場合は「裁判」を行う必要が出てきます。勝訴すれば借地の明け渡しを、法的に「強制執行」することが可能です。個人でトラブルを解決しようとすると、借主に本来不要であるはずの「立退料」を請求されたり、また交渉が長引き、その間の地代も滞納され、損益が拡大してしまうケースも少なくありません。トラブルの早期解決、そして裁判に至るケースも考慮して、借地で生じたトラブルの相談は、早期に弁護士に行うことをお薦めします。そして貸地でのトラブルを起こさない為に最も重要なのが、不備・矛盾のない「契約書」の作成とされています。不動産の知識をもたない素人が作ったものや、既存の契約書の引用・寄せ集めで作ったものは、どうしても不備・矛盾が多いとされています。契約書に不備があるとトラブルが生じやすい上に、トラブル発生時に有利な決着が望めなくなってしまいます。契約書を作成し直したい、現在の契約書に不備がないか確認してもらいたい場合も、弁護士に相談を行いましょう。